部門紹介

理念と目標

病理部/病理診断科について

生検・手術検体の取扱いや細胞診業務など、本院における中央診療部門の一つとして診療科横断的な機能を果たす「病理部」と、医師が診療行為としての病理診断を行う診療科である「病理診断科」は、まさに一心同体となって毎日の業務を行っています。

理念

北海道大学病院病理部・病理診断科は、的確で高度な病理・細胞診断を迅速に行うとともに、診療科各科等との連携を深めて患者さんに奉仕します。

また優秀な病理診断医や病理技術者、細胞検査士を育成するとともに技能の向上と継承を図り、医療や病理学の発展と地域医療に貢献します。

目標

  • 精度の高い病理診断資源と運営環境の提供
  • 先端的技術の研究開発と導入
  • 人間性豊かで有能な医療人の育成と次世代への継承
  • 広い視野に立ったリーダーシップの実践
  • 包括的な地域医療の支援