お知らせ

【学会・論文発表】第189回 日本病理学会 北海道支部学術集会(標本交見会)で岡崎ななせ先生が演題を発表しました。

12月14日(土)に札幌医科大学 教育研究棟で開催された標本交見会で、岡崎ななせ先生(専攻医1年目)が発表されました。堂々とした発表で今後も活躍が期待されます。
 
「膀胱癌に対する治療後に生じた腎腫瘤の一例」
 
共同演者 岡崎ななせ、清水亜衣、桑原健、高桑恵美、岡田宏美、三橋智子、松野吉宏

公開: