研究活動について

2018年の研究

英文原著

2018年 (平成30年)

  1. Konno S, Shigemura M, Ogi T, Shimizu K, Suzuki M, Kaga K, Hida Y, Matsuno Y, Nishimura M.

    Clinical Course of Histologically Proven Multifocal Micronodular Pneumocyte Hyperplasia in Tuberous Sclerosis Complex: A Case Series and Comparison with Lymphangiomyomatosis

    Respiration 2018;95:310–316. doi: 10.1159/000486101.
    PMID: 29393256

  2. Shimizu A, Takahashi T, Kushima R, Sentani K, Yasui W, Matsuno Y.

    An extremely rare case of Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma with differentiation to neuroendocrine carcinoma.

    Pathol Int. 2018 Jan;68(1):41-46. doi: 10.1111/pin.12613.
    PMID: 29244230

  3. Yamada T, Nakanishi Y, Okamura K, Tsuchikawa T, Nakamura T, Noji T, Asano T, Tanaka K, Kurashima Y, Ebihara Y, Murakami S, Shichinohe T, Mitsuhashi T, Hirano S.

    Impact of serum CA19-9 level on prognosis and prediction of lymph node metastasis in patients with intrahepatic cholangiocarcinoma.

    J Gastroenterol Hepatol. 2018 Feb 10. doi: 10.1111/jgh.14124. [Epub ahead of print]
    PMID: 29427472

  4. Tsunematsu S, Muto S, Oi H, Naka T, Kitagataya T, Sasaki R, Taya Y, Baba U, Tsukamoto Y, Uemura K, Kimura T, Ohara Y.

    A case of surgically diagnosed primary hepatic angiosarcoma.

    Intern Med. 2018 Mar 1;57(5):687-691. doi: 10.2169/internalmedicine.9318-17.
    PMID: 29151516.

  5. Einama T, Kamachi H, Sakata T, Shibata K, Wakizaka K, Sugiyama K, Shibuya K, Shimada S, Wakayama K, Orimo T, Yokoo H, Kamiyama T, Mitsuhashi T, Taketomi A.

    Curative resection of pancreatic ductal adenocarcinoma developing in the remnant pancreas 13&½years after distal pancreatectomy for intraductal papillary mucinous neoplasms: A case report

    Mol Clin Oncol. 2018 Mar;8(3):417-420. doi: 10.3892/mco.2018.1556.
    PMID: 29456847

  6. Hirata K, Kuwatani M, Mitsuhashi T, Sugiura R, Kato S, Kawakubo K, Yamada T, Asano T, Hirano S, Sakamoto N.

    Mixed ductal-neuroendocrine carcinoma with unique intraductal growth in the main pancreatic duct.

    Endosc Ultrasound. 2018 May 22. doi: 10.4103/eus.eus_12_18. 2019 Mar-Apr;8(2):129-130. Endoscopic Ultrasound (accepted on Jan 01, 2018)
    PMID: 29786034

  7. Ishida N, Baba M, Hatanaka Y, Hagio K, Okada H, Hatanaka KC, Togashi K, Matsuno Y, Yamashita H.

    PIK3CA mutation, reduced AKT serine 473 phosphorylation, and increased ERα serine 167 phosphorylation are positive prognostic indicators in postmenopausal estrogen receptor-positive early breast cancer.

    Oncotarget. 2018 Apr 3;9(25):17711-17724. doi: 10.18632/oncotarget.24845.
    PMID: 29707142

  8. Takashi Ueno, Takahiro Tsuchikawa, Kanako C. Hatanaka, Yutaka Hatanaka, Tomoko Mitsuhashi, Yoshitsugu Nakanishi1, Takehiro Noji1, Toru Nakamura, Keisuke Okamura, Yoshihiro Matsuno and Satoshi Hirano

    Prognostic impact of programmed cell death ligand 1 (PD-L1) expression and its association with epithelial-mesenchymal transition in extrahepatic cholangiocarcinoma

    Oncotarget. 2018 Apr 13;9(28):20034-20047. doi: 10.18632/oncotarget.25050.
    PMID: 29732001

  9. Wardell CP, Fujita M, Yamada T, Simbolo M, Fassan M, Karlic R, Polak P, Kim J5, Hatanaka Y, Maejima K, Lawlor RT, Nakanishi Y, Mitsuhashi T, Fujimoto A, Furuta M1, Ruzzenente A, Conci S, Oosawa A, Sasaki-Oku A, Nakano K, Tanaka H, Yamamoto Y, Michiaki K, Kawakami Y, Aikata H, Ueno M, Hayami S, Gotoh K, Ariizumi SI, Yamamoto M, Yamaue H, Chayama K, Miyano S, Getz G, Scarpa A, Hirano S, Nakamura T, Nakagawa H.

    Genomic Characterization of Biliary Tract Cancers Identifies Driver Genes and Predisposing Mutations

    J Hepatol. 2018 May;68(5):959-969. doi: 10.1016/j.jhep.2018.01.009.
    PMID: 29360550

  10. Sasaki H, Iwami D, Hotta K, Morita K, Naka T, Shinohara N.

    Spontaneous reduction of native kidney size involving angiomyolipoma lesions in a kidney transplant recipient with tuberous sclerosis complex.

    Int J Urol. 2018 May;25(5):513-514. doi: 10.1111/iju.13534.
    PMID: 29417638

  11. Kikawa S, Fujita H, Hanley S-JB, Kasamo M, Kikuchi K, Torigoe T, Matsuno Y, Tamakoshi A, Sasaki T, Matsuura M, Kato Y, Dong P, Watari H, Saito T, Sengoku K, Sakuragi N.

    Comparison of HPV genotyping and cytology triage, COMPACT-Study: Design, methods and baseline results in 14,642 women.

    Cancer Sci. 2018 Jun;109(6):2003-2012. doi: 10.1111/cas.13608.
    PMID: 29660849

  12. Hashiguchi J, Onozawa M, Naka T, Hatanaka KC, Shiratori S, Sugita J, Fujimoto K, Matsuno Y, Teshima T.

    Re-infection of toxoplasma gondii after HSCT presenting lymphadenopathy resembling recurrence of lymphoma.

    Transpl Infect Dis. 2018 Jun;20(3):e12892. doi: 10.1111/tid.12892.
    PMID: 29603522

  13. Tabata Y, Nakanishi Y, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Tsuchikawa T, Okamura K, Noji T, Shichinohe T, Matsuno Y, Hirano S.

    DJ-1 is a useful biomarker for invasive extrahepatic cholangiocarcinoma.

    Hum Pathol. 2018 Jun;76:28-36. doi: 10.1016/j.humpath.2018.02.010.
    PMID: 29447925.

  14. Mizushima T, Ohnishi S, Shimizu Y, Hatanaka Y, Hatanaka KC, Kuriki Y, Kamiya M, Homma A, Yamamoto K, Ono S, Urano Y, Sakamoto N.

    Rapid detection of superficial head and neck squamous cell carcinoma by topically spraying fluorescent probe targeting dipeptidyl peptidase-IV.

    Head Neck. 2018 Jul;40(7):1466-1475. doi: 10.1002/hed.25126.
    PMID: 29509281.

  15. Takashima Y, Sakakibara-Konishi J, Hatanaka Y, Hatanaka KC, Ohhara Y, Oizumi S, Hida Y, Kaga K, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Matsuno Y, Nishimura M.

    Clinicopathologic Features and Immune Microenvironment of Non-Small-cell Lung Cancer With Primary Resistance to Epidermal Growth Factor Receptor Tyrosine Kinase Inhibitors.

    Clin Lung Cancer. 2018 Jul;19(4):352-359.e1. doi: 10.1016/j.cllc.2018.02.004.
    PMID: 29544718.

  16. Shibuya K, Homma S, Yoshida T, Ohno Y, Ichikawa N, Kawamura H, Imamoto T, Matsuno Y, Taketomi A.

    Carcinoma in the residual rectum of a long standing Crohn’s disease patient following subtotal colectomy: A case report.

    Mol Clin Oncol. 2018 Jul;9(1):50-53. doi: 10.3892/mco.2018.1626.
    PMID: 29896400

  17. Hirata K, Kuwatani M, Mitsuhashi T, Sugiura R, Kato S, Kawakubo K, Yamada T, Asano T, Hirano S, Sakamoto N.

    Mixed ductal-neuroendocrine carcinoma with unique intraductal growth in the main pancreatic duct.

    J Gastroenterol Hepatol. 2018 Jul;33(7):1310. doi: 10.1111/jgh.14088.
    PMID: 29761833

  18. Kato S, Kuwatani M, Kawakubo K, Sugiura R, Hirata K, Tanikawa S, Mitsuhashi T, Shiratori S, Sakamoto N.

    Hepatobiliary and Pancreatic: Pancreatic cancer with elevated serum IgG4 level due to multiple myeloma mimicking localized autoimmune pancreatitis.

    J Gastroenterol Hepatol. 2018 Jul;33(7):1310. doi: 10.1111/jgh.14088. No abstract available.
    PMID: 29761833

  19. Okada K, Endo T, Hashimoto D, Saga T, Ara T, Ogasawara R, Yasumoto A, Ibata M, Takahata M, Shigematsu A, Kondo T, Muraosa Y, Nomura T, Kanno-Okada H, Hashino S, Tanaka S, Kamei K, Teshima T.

    Disseminated fusariosis emerged from prolonged local genital infection after cord blood transplantation.

    J Infect Chemother. 2018 Aug;24(8):660-663. doi: 10.1016/j.jiac.2017.12.018.
    PMID: 29373264

  20. Yanagiya S, Cho KY, Nakamura A, Nomoto H, Kawamoto Y, Kawakubo K, Komatsu Y, Mitsuhashi T, Miyoshi H, Atsumi T.

    The Effect of Everolimus on Refractory Hypoglycemia in a Patient with Inoperable Metastatic Insulinoma Evaluated by Continuous Glucose Monitoring.

    Intern Med. 2018 Sep 1;57(17):2527-2531. doi: 10.2169/internalmedicine.0126-17.
    PMID: 29877259

  21. Suimon Y, Kase S, Ishijima K, Kanno-Okada H, Ishida S.

    A clinicopathological study on IgG4-related ophthalmic disease.

    Int J Ophthalmol. 2018 Sep 18;11(9):1539-1544. doi: 10.18240/ijo.
    PMID: 30225231

  22. Sakamoto Y, Kamiyama T, Yokoo H, Shimada S, Einama T, Wakayama K, Orimo T, Kamachi H, Naka T, Mitsuhashi T, Taketomi A.

    Hepatocellular carcinoma producing granulocyte colony-stimulating factor: diagnosis and treatment.

    Int Cancer Conf J. 2018 Sep 24;8(1):12-16. doi: 10.1007/s13691-018-0346-x.

  23. Kase S, Namba K, Kanno-Okada H, Onozawa M, Hidaka D, Iwata D, Mizuuchi K, Fukuhara T, Fukuhara J, Kitaichi N, Matsuno Y, Ishida S.

    Immunohistochemical and Immunocytochemical Analyses in Patients with Vitreoretinal Lymphoma.

    Ocul Immunol Inflamm. 2018 Oct 18:1-9. doi: 10.1080/09273948.2018.1533984. [Epub ahead of print]
    PMID: 30335535

  24. Mizukami T, Kamachi H, Mitsuhashi T, Einama T, Hatanaka Y, Kamiyama T, Taketomi A.

    Cytoplasmic CD133 expression correlates with histologic differentiation and is a significant prognostic factor in extrahepatic bile duct cancer and gallbladder cancer.

    Oncol Lett. 2018 Nov;16(5):6423-6430. doi: 10.3892/ol.2018.9499.
    PMID: 30405779

  25. Noji T, Kurashima Y, Nakanishi Y, Asano T, Ebihara Y, Nakamura T, Murakami S, Tsuchikawa T, Okamura K, Shichinohe T, Mitsuhashi T, Hirano S.

    Biliary stricture due to a migrated suture after laparoscopic distal gastrectomy.

    Asian J Endosc Surg. 2018 Nov;11(4):399-401. doi: 10.1111/ases.12468.
    PMID: 29464866

  26. Orimo T, Kamiyama T, Mitsuhashi T, Kamachi H, Yokoo H, Wakayama K, Shimada S, Nagatsu A, Taketomi A.

    Impact of tumor localization on the outcomes of surgery for an intrahepatic cholangiocarcinoma.

    J Gastroenterol. 2018 Nov;53(11):1206-1215. doi: 10.1007/s00535-018-1469-8.
    PMID: 29721628

  27. Oyama-Manabe N, Yabusaki S, Manabe O, Kato F, Kanno-Okada H, Kudo K.

    IgG4-related Cardiovascular Disease from the Aorta to the Coronary Arteries: Multidetector CT and PET/CT.

    Radiographics. 2018 Nov-Dec;38(7):1934-1948. doi: 10.1148/rg.2018180049.
    PMID: 30289734

  28. Sakamoto K, Katayama R, Asaka R, Sakata S, Baba S, Nakasone H, Koike S, Tsuyama N, Dobashi A, Sasaki M, Ichinohasama R, Takakuwa E, Yamazaki R, Takizawa J, Maeda T, Narita M, Izutsu K, Kanda Y, Ohshima K, Takeuchi K.

    Recurrent 8q24 rearrangement in blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm: association with immunoblastoid cytomorphology, MYC expression, and drug response.

    Leukemia. 2018 Dec;32(12):2590-2603. doi: 10.1038/s41375-018-0154-5.
    PMID: 29795241

学会・口演

2018年(平成30年)

  • 齋藤 辰朗,畑中 豊,秋田 弘俊

    リキッドバイオプシーによるゲノム/コンパニオン診断の現状と今後

    第2回 Liquid Biopsy 研究会「特別企画:Liquid Biopsyの展望」
    2018年1月20日, 京王プラザホテル(東京)

  • 畑中 豊

    日本病理学会 ゲノム診療用病理組織検体取扱い規程について

    平成29年度 認定病理検査技師制度 更新指定講習会
    2018年1月27-28日(1月27日), タイム24ビル(東京)

  • 畑中 豊

    次世代シークエンサー(NGS)を用いた遺伝子パネル検査

    平成29年度 認定病理検査技師制度 更新指定講習会
    2018年1月27-28日(1月27日), タイム24ビル(東京)

  • 丸川 活司

    がんゲノム医療中核拠点病院を目指した取り組みとして

    全国大学病院病理部技術者連絡会
    2018年 2月2日,サクラファインテックジャパン本社(東京)、講演

  • 畑中 豊

    遺伝子パネル検査の基礎知識

    平成29年度 先駆的臨床検査技術研修会 第1回 がんゲノム医療コーディネーター取得に向けた講習会
    2018年2月24日, 損保会館(東京)

  • 畑中 豊

    遺伝子パネル検査に用いる病理組織検体の取り扱いについて

    日本臨床腫瘍学会 教育セミナー ランチョンセミナー
    2018年3月10-11日(3月11日), パシフィコ横浜(横浜市)

  • 畑中 豊

    がんゲノム医療の開始にあたって—病理診断と組織検体取り扱いの重要性—

    第182回 日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会)
    2018年3月17日, 札幌医科大学(札幌市)

  • 畑中 豊

    病理診断最前線:肺がん・pNETにおける注意点 肺癌分子診断の現状

    Pfizer Pathology Internet Symposium
    2018年3月23日,ファイザー本社(東京)

  • 丸川 活司

    がんゲノム医療中核拠点病院を目指した取り組みと今後について

    平成30年度福島県臨床検査技師会県南支部総会
    平成30年4月21日,労働福祉会館(福島県郡山市),特別講演

  • Ai Shimizu, Kanako C. Hatanaka, Yutaka Hatanaka, Kentaro Naruchi, Masaharu Sato, Hiroshi Kase, Tomoko Mitsuhashi, Hiroko Yamashita, Yoshihiro Matsuno.

    Cancer-associated MUC1 epitope-recognizing antibody as a novel immunohistochemical marker for breast carcinoma

    The American Association for Cancer Research Annual Meeting
    2018, 2018 Apr 14-18, McCormick Place (Chicago, Illinois, USA).

  • 庄司 哲明,今野 哲,新井 田要,鈴木 雅,加賀 基知三,松野 吉宏,瀬山 邦明,西村 正治

    Multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia (MMPH)の家族内発症例

    第58回日本呼吸器学会学術講演会
    2018年4月27-29日,大阪国際会議場(グランキューブ大阪)(大阪市)

  • 石田 直子,畑中 豊,馬場 基,岡田 宏美,萩尾 加奈子,笠原 里紗,畑中 佳奈子,松野 吉宏,山下 啓子

    ER陽性HER2陰性乳癌早期再発症例におけるTP53遺伝子変異、HER2遺伝子増幅の検討

    第26回日本乳癌学会学術総会
    2018年5月16-18日, 国立京都国際会館(京都市)

  • 若林 健人,岩田 浩明,岡田 宏美,三橋 智子,松野 吉宏

    南米旅行中の虫刺症

    第183回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会)
    2018年5月19日,北海道大学医学部学友会館「フラテ」(札幌市),口演

  • 出口 貴祥,丸川 活司,清水 知浩,恩田 千景,後藤 久美,安孫子 光春,岡田 宏美,高桑 恵美,三橋 智子,松野 吉宏

    von Hippel-Lindau病患者に発生した多形性に富む膵神経内分泌腫瘍(pleomorphic panNET)の一例

    第59回日本臨床細胞学会総会(春期大会)
    2018年6月2日-3日,さっぽろ芸文館・ロイトン札幌(札幌市)

  • 恩田 千景,丸川 活司,安孫子 光春,清水 知浩,後藤 久美,出口 貴祥,桑原 健,中 智昭,畑中 佳奈子,松野 吉宏

    骨髄移植後の小児に発生した甲状腺乳頭癌の一例

    第59回日本臨床細胞学会総会(春期大会)
    2018年 6月2-3日,さっぽろ芸文館・ロイトン札幌 (札幌市),発表

  • Kana Sakamoto, Ryohei Katayama, Reimi Asaka, Seiji Sakata, Satoko Baba, Hideki Nakasone, Sumie Koike, Naoko Tsuyama, Akito Dobashi, Makoto Sasaki, Ryo Ichinohasama, Emi Takakuwa, Rie Yamazaki, Jun Takizawa, Takahiro Maeda, Miwako Narita, Koji Izutsu, Yoshinobu Kanda, Koichi Ohshima, and Kengo Takeuchi.

    8q24 rearrangement is recurrent in blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm and associated with immunoblastoid cytomorphology, MYC expression, and drug response.

    23rd Congress of European Hematology Association (EHA)
    June 14-17, 2018, Stockholm International Fairs, (Stockholm, Sweden)

  • 土井 和尚,中 智昭,桑原 健,岡田 宏美,高桑 恵美,朝比奈 肇,品川 尚文,樋田 泰浩,三橋 智子,松野 吉宏

    限局性アミロイド沈着から診断に至った下気道の髄外性形質細胞腫の2例

    第107回日本病理学会総会
    2018年6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館(札幌市),一般演題・ポスター

  • 清水 亜衣,畑中 佳奈子,畑中 豊,南家 綾江,奥村 麻美,成地 健太郎,佐藤 正治,三橋 智子,山下 啓子,松野 吉宏

    乳癌前癌病変におけるMUC1癌関連糖鎖の免疫組織化学的変化

    Immunohistochemical alteration of cancer-associated MUC1 in precursor lesions of breast carcinoma.
    第107回日本病理学会総会 2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 小田 義崇,桑原 健,中 智昭,樋田 泰浩,加賀 基知三,藪崎 哲史,工藤 與亮,三橋 智子,田中 伸哉,松野 吉宏

    Psammomatous melanotic schwannomaの一切除例

    第107回日本病理学会総会
    2018年6月21日-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市),一般演題・示説

  • 三橋 智子,丸川 活司,畑中 豊,松野 吉宏

    ワークショップ 膵胆道系腫瘍における分子病理学的知見の進歩 基礎から臨床応用まで 4.膵癌の治療選択に有用なIHC分子サブタイピング法の確立に関する検討

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌 (札幌市)

  • 畑中 豊,森井 英一,松野 吉宏

    病理におけるコンパニオン診断のパラダイムシフト

    第107回日本病理学会総会(シンポジウム)
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 畑中 豊

    ゲノム医療時代のがんバイオマーカー ~遺伝子パネル検査とその展望~

    第107回日本病理学会総会(ランチョンセミナー)
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 畑中 豊

    肺癌分子診断における最近の動向

    第107回日本病理学会総会(スイーツセミナー)
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 畑中 豊,富樫 謙一,加藤 ひろえ,南家 綾江,奥村 麻美,礒江 敏幸,津田 均,森永 正二郎,秋田 弘俊,松野 吉宏

    希少がんの医師主導臨床試験におけるバイオマーカー中央病理判定への画像マネージメントシステムの応用

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 畑中 佳奈子, 松岡 亮介, 林 秀幸, 藤井 恭子, 畑中 豊, 天野 虎次, 西原 広史, 秋田 弘俊

    クリニカルシークエンス症例における病理標本の腫瘍含有割合の検討

    第107回日本病理学会総会(ポスター)
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 中 智昭,畑中 豊,岡田 宏美,畑中 佳奈子,樋田 泰浩,加賀 基知三,武島 幸男,井内 康輝,三橋 智子,松野 吉宏

    胸膜中皮腫・肺腺癌の同時性重複腫瘍の遺伝子発現プロファイルに基づく新規中皮腫マーカーの探索

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 朝野 拓史,畑中 豊,畑中 佳奈子,天野 虎次,南家 綾江,奥村 麻美,遠藤 大介,加藤 達矢,松野 吉宏,渡利 英道

    卵巣明細胞腺癌におけるアクショナブル遺伝子変異の解析

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 松岡 亮介,朝野 拓史,畑中 佳奈子,畑中 豊,南家 綾江,奥村 麻美,遠藤 大介,松野 吉宏,秋田 弘俊,渡利 英道

    卵巣明細胞癌におけるγグルタミルトランスペプチダーゼ1の発現と予後との関連性

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 加瀬谷 美幸,畑中 佳奈子,森 こず恵,葛西 瑞穂,奥村 麻美,南家 綾江,松野 吉宏,天野 虎次,畑中 豊,佐藤 典宏

    核酸抽出に対する病理標本染色の影響の検討

    第107回日本病理学会総会(ポスター)
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 石田 直子,畑中 豊,馬場 基,萩尾 加奈子,岡田 宏美,畑中 佳奈子,松野 吉宏,山下 啓子

    ER陽性乳癌組織におけるPIK3CA遺伝子変異とAKTおよびERのリン酸化の検討

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 齊藤 優莉亜,松嶋 朋子,赤井 保正,奥村 麻美,南家 綾江,畑中 佳奈子,山下 啓子,高橋 宏明,畑中 豊,松野 吉宏

    ホルマリン固定化時間が乳癌のmulti-gene assayに与える影響の評価

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 林 海美子,三浦 俊昭,富樫 謙一,畑中 豊,奥村 麻美,南家 綾江,畑中 佳奈子,高橋 宏明,松野 吉宏

    Ct値を指標としたFFPE組織検体の固定条件と核酸の品質の関連性についての検討

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市)

  • 丸川 活司,三橋 智子,畑中 豊,諸岡 亜早美,佐藤 大介,奥村 麻美,南家 綾江,畑中 佳奈子,平野 聡,松野 吉宏

    膵管癌分子サブタイピングのIHCサロゲート法の確立に関する検討

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌 ・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館(札幌市)、一般演題・ポスター

  • 高桑 恵美,田中 水緒,岸本 宏志,中澤 温子

    小児嚢胞性肺疾患の病理

    第107回日本病理学会総会
    2018年 6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館 (札幌市),口演.

  • 杉野 弘和,佐藤 憲市,笠井 康弘,孫 慧,石田 雄介,谷野 美智枝,津田 真寿美,松野 吉宏,田中 伸哉

    中枢神経系に生じたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の一例

    第107回日本病理学会総会
    2018年6月21-23日,ロイトン札幌・ニトリ文化ホール・さっぽろ芸文館(札幌市),一般演題・ポスター

  • 山田 勝久,高畑 雅彦,岩田 玲,遠藤 努,大西 貴士,須藤 英毅,岩崎 倫政,清水 亜衣,三橋智子

    腰椎ダンベル腫瘍として発生した豊富な脂肪成分を伴うganglioneuromaの1例

    第135回北海道整形災害外科学会
    2018年6月23-24日(6月24日),大雪クリスタルホール(旭川市)

  • 坂本 佳奈,片山 量平,朝賀 礼美,坂田 征士, 馬場 郷子, 仲宗根 秀樹,小池 清恵,津山 直子,土橋 映仁,佐々木 純,一迫 玲,高桑 恵美,山崎 理絵,瀧澤 淳,前田 隆浩,成田 美和子,伊豆津 宏二,神田 善伸,大島 孝一,竹内 賢吾

    芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍における高頻度の8q24再構成:細胞形態,MYC発現,薬剤感受性との関連

    第58回日本リンパ網内系学会総会
    2018年6月28-30日,愛知県産業労働センター ウインクあいち(名古屋市)

  • 吉田 雄亮, 浅野 賢道, 中村 透, 城崎 友秀, 大場 光信, 荻野 真理子, 中西喜嗣, 野路 武寛,倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野聡

    術前診断に難渋した膵頭部巨大IPMCの1切除例

    第49回日本膵臓学会大会
    2018年6月29-30日(6月29日),和歌山県民文化会館他(和歌山市),ポスター

  • 丹羽 弘貴,岡村 圭祐,中西 喜嗣,浅野 賢道,海老原 裕磨,倉島 庸,野路 武寛,中村 透,村上 壮一,土川 貴裕,七戸 俊明,三橋 智子,平野 聡

    進行胆管癌と術前診断したが術後摘出標本で浸潤癌を認めなかった2例

    第113回日本臨床外科学会北海道支部例会
    2018年7月28日(2018年7月28日),星野リゾートOMO7 旭川(旭川市),一般演題

  • 常田 慧徳,加藤 扶美,三田村 卓,大塚 拓也,高桑 恵美,中 智昭,松野 吉宏,奥 聡,朝野 拓史,野崎 綾子,加藤 達也,渡利 英道,真鍋 徳子,工藤 與亮

    成熟嚢胞性奇形腫に合併した神 経内分泌性格を伴う非典型的な 粘液性腫瘍の一例

    第19回Japan Society for the Advancement of Women’s Imaging(JSAWI)シンポジウム
    2018年8月31日-9月1日(9月1日),淡路夢舞台国際会議場(兵庫県淡路市),一般演題・ポスター

  • 杉野 弘和,岡田 宏美,三橋 智子,田中 伸哉,松野 吉宏

    子宮体癌外科切除検体に偶発的に見出されたリンパ節病変

    第184回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会)
    2018年9月1日,北海道大学医学部学友会館「フラテ」(札幌市),口演

  • 吉田 雄亮, 浅野 賢道, 中村 透, 大場 光信, 荻野 真理子, 中西 喜嗣, 野路 武寛 ,倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡

    粘液型脂肪肉腫との鑑別を要した膵頭部IPMCの1切除例

    第2回HOPES
    2018年9月15日,札幌市,一般演題・口演

  • Shinya Sakiyama, Hiroshi Ohira, Yoshitaka Oda, Toshitaka Nakaya, Taku Watanabe, Jun Sakakibara, Kanako C. Hatanaka, Yutaka Hatanaka, Emi Takakuwa, Masaharu Nishimura, Ichizo Tsujino.

    Chronic thromboembolic pulmonary hypertension and Klippel-Trenaunay syndrome – a case report with genomic and histological considerations.

    28th The European Respiratory Society
    September 15-19, 2018, Paris, France.

  • 大原 正嗣,小川 浩司,山本 義也,霜田 佳彦,伊藤 淳,重沢 拓,鈴木 和治,中村 晃久,川岸 直樹,梅村 真知子,中井 正人,荘 拓也,須田 剛生,森川 賢一,大塚 拓也,高桑 恵美,坂本 直哉

    胃静脈瘤破裂を契機に診断された先天性肝線維症の1例

    第98回北海道医学大会・日本消化器病学会北海道支部第123回例会
    2018年9月22-23日(9月22日),札幌市コンベンションセンター(札幌市),一般演題・口演

  • 丸川 活司

    北海道臨床衛生検査技師会『匠』の活動

    第10回サクラ病理技術賞授賞式
    2018年9月30日,ホテルメトロポリタンエドモント(東京),講演

  • 吉田 雄亮,浅野 賢道,中村 透,岡村 圭祐,土川 貴裕,野路 武寛,中西 喜嗣,三橋 智子,辻 靖,平野 聡

    腹膜播種病変を有する膵癌に対するゲムシタビン静脈投与併用パクリタキセル腹腔内投与療法が奏功しconversion surgeryを施行した1例

    第13回膵癌術前治療研究会
    2018年10月6日,九州大学医学部百年講堂(福岡市),ポスター

  • 木村 弘太郎,浅野 賢道,中村 透,大場 光信,荻野 真理子,中西 喜嗣,野路 武寛,土川 貴裕,岡村 圭祐,七戸 俊明,三橋 智子,平野 聡

    S-1による術前化学療法により病理組織学的CR(pCR)が得られた膵頭部癌の1例

    第13回膵癌術前治療研究会
    2018年10月6日,九州大学医学部百年講堂(福岡市),ポスター

  • 坂本 佳奈,片山 量平,朝賀 礼美,坂田 征士,馬場 郷子,仲宗根 秀樹,小池 清恵,津山 直子,土橋 映仁,佐々木 純,一迫 玲,高桑 恵美,山崎 理絵,瀧澤 淳,前田 隆浩,成田 美和子,伊豆津 宏二,神田 善伸,大島 孝一,竹内 賢吾

    芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍におけるMYC異常:免疫芽球様細胞形態,薬剤感受性との関連

    第80回日本血液学会学術集会
    2018年10月12-14日,大阪国際会議場(大阪市)

  • 丸川 活司

    分子病理学的検索を目的とした体腔液セルブロック作製法

    香川病理セミナー
    2018年10月20日,ホテルパールガーデン(髙松市),講演

  • 岡元 佐和子,丸川 活司,安孫子 光春,清水 知浩,出口 貴祥,諸岡 亜早美,有働 康代

    がんゲノム中核拠点病院認定に向けた当院の取り組み

    第92回 北海道医学検査学会
    2018年10月20日,グランドホテルニュー王子(苫小牧市),一般演題・口演

  • 長谷河 昌孝, 寺下 友佳代, 杉山 未奈子, 大久保 淳, 長 祐子, 井口 晶裕, 河北 一誠, 荒 桃子, 本多 昌平, 武冨 紹信, 高桑 恵美, 松野 吉宏

    DICER1遺伝子変異により診断したAnaplastic Sarcoma of the Kidneyの一症例

    第60回 日本小児血液・がん学会学術集会
    2018年11月14日,ロームシアター京都/京都市勧業館みやこめっせ(京都市),一般演題・ポスター

  • 出口 貴祥

    スライドカンファレンス<体腔液>

    第57回日本臨床細胞学会秋期大会
    2018年11月17-18日(11月17日),パシフィコ横浜(横浜市)、一般演題・口演

  • 丸川 活司

    シンポジウム:原発不明癌をどこまで推定できるか
    分子病理学的検索を目的とした体腔液セルブロック作製法

    第57回日本臨床細胞学会秋期大会
    2018年11月17-18日(11月17日),パシフィコ横浜(横浜市),口演

  • 吉田 雄亮, 浅野 賢道, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西喜嗣, 荻野 真理子,大場 光信, 三橋 智子,七戸 俊明, 平野 聡

    主膵管と交通を認めた膵漿液性嚢胞腫瘍(SCN)の1例

    第80回日本臨床外科学会総会
    2018年11月22-24日(11月22日),グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール(東京),一般演題・口演

  • 國崎 守,朝比奈 肇,水柿 秀紀,菊地 英毅,菊地 順子,榊原 純,清水 亜衣,松野 吉宏,樋田 泰浩,加賀 基知三,中井 正人,菅原 恵理,西原 広史,品川 尚文

    ALK陰性の炎症性偽腫瘍に対しステロイド治療により長期の病勢コントロールが得られた一例

    第59回日本肺癌学会学術集会
    2018年 11月29-12月1日,京王プラザホテル(東京)

  • 伊藤 祥太郎,河井 康孝,森永 大亮,池澤 靖元,八木 優樹,岡田 宏美,鈴木 昭,加賀 基知三,松野 吉宏

    原発巣切除後に小腸転移にて再発し切除および化学療法施行後3年間無再発で経過している肺巨細胞癌の1例

    第59回日本肺癌学会学術集会
    2018年 11月29-12月1日(11月30日),京王プラザホテル(東京),示説

  • 横内 浩,木下 一郎,合田 智宏,大泉 聡史,中野 浩輔,原田 敏之,河井 康孝,榊原 純,森川 直人,山田 範幸,山崎 成夫,菅原 俊一,朝比奈 肇,天野 虎次,畑中 豊,松野 吉宏,西原 広史,磯部 宏,西村 正治,秋田 弘俊

    NSCLCにおけるHER2異常の前向き観察研究(HOT1303-A)

    第59回日本肺癌学会学術集会
    2018年 11月29-12月1日(11月29日),京王プラザホテル(東京),口演

  • 丹羽 弘貴,岡村 圭祐,中西 喜嗣,浅野 賢道,海老原 裕磨,倉島 庸,野路 武寛,中村 透,村上 壮一,土川 貴裕,七戸 俊明,三橋 智子,平野 聡

    肝門部領域胆管癌術後にファーター乳頭部癌を発症した異時性重複癌に対する手術経験

    第114回日本臨床外科学会北海道支部例会
    2018年12月1日(2018年12月1日),ホテルライフォート札幌(札幌市),一般演題

  • 前田 悟郎,武田 真人,朝野 拓史,小林 由佳子,石塚 泰也,三田村 卓,渡利英道,岡田 宏美,丸川 活司,畑中 佳奈子,松野 吉宏

    子宮頸部乳頭状扁平上皮癌の1例

    第39回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会
    2018年12月2日,北海道大学医学部学友会館「フラテ」(札幌市),口演

  • 奥 聡,武田 真人,朝野 拓史,小林 由佳子,石塚 泰也,三田村 卓,渡利 英道,佐川 正,丸川 活司,三橋 智子,松野 吉宏

    子宮頸部原発大細胞神経内分泌癌の1例

    第39回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会
    2018年12月2日,北海道大学医学部学友会館「フラテ」(札幌市),口演

  • 後藤 久美,丸川 活司,安孫子 光春,清水 知浩,渡部 涼子,出口 貴祥,諸岡 亜早美,岡田 宏実,三橋 智子,松野 吉宏

    気管支擦過標本中のアミロイドが診断の一助となった髄外性形質細胞腫の1例

    第39回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会
    2018年12月2日,北海道大学医学部学友会館「フラテ」(札幌市)

  • 吉田 雄亮,山村 喜之,海老原 裕磨,中西 喜嗣,浅野 賢道,野路 武寛,倉島 庸,村上 壮一,中村 透,土川 貴裕,岡村 圭祐,七戸 俊明,清水 亜衣,三橋 智子,平野 聡

    腎癌術後胃転移に対して内視鏡合同腹腔鏡下胃局所切除術を施行した1例

    第31回日本内視鏡外科学会総会
    2018年12月6-8日(12月7日),福岡国際会議場(福岡市),デジタルポスター発表

  • 若林 健人,樋田 泰浩,岡田 宏美,三橋 智子,松野 吉宏

    胸膜播種,肺転移を伴う 前縦隔腫瘍の一例

    第185回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会)
    2018年12月8日,北海道大学医学部学友会館「フラテ」(札幌市),口演

  • 福井 秀章,岡田 宏美,土井 和尚,杉野 弘和,三橋 智子,松野 吉宏

    がん治療歴をもつ高齢女性に見られた比較的稀なリンパ節病変

    第185回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会)
    2018年12月8日,北海道大学医学部学友会館「フラテ」(札幌市),口演

  • 丸川 活司

    病理・細胞診検査における日臨技精度管理事業の方向性と課題

    千葉県臨床検査技師会 第3回病理・細胞診研究班合同研修会
    2018年12月15日,千葉市(千葉市立青葉病院ホールあおば),講演

  • 畑中 豊

    肺癌ゲノム診断・コンパニオン診断のUpdate

    Precision Medicine時代に向けての臨床検査研修会
    2018年12月15日,アーバンホテル南草津(滋賀県),講演

  • 畑中 豊

    特別講演 NGSを使った遺伝子パネル検査:肺癌診療の今後

    Real World Evidence Sapporo
    2018年12月21日,ホテルオークラ札幌(札幌市),講演

和文タイトル

2018年(平成30年)

  • 出口 貴祥,丸川 活司,高桑 恵美,安孫子 光春,清水 知浩,恩田 千景,宮越 里絵,渡部 涼子,岡田 宏美,中 智昭,加藤 新,桒谷 将城,三橋 智子,松野 吉宏

    超音波内視鏡下穿刺吸引検体により診断可能であった後腹膜胚細胞腫瘍の一例

    北海道臨床細胞学会会報,27:21-26,2018

  • 清水 亜衣, 松野 吉宏

    前縦隔(胸腺)原発大細胞型B細胞リンパ腫

    直江知樹,小松則夫,宮﨑泰司,中村栄男,飯田真介,大島孝一,木下朝博,吉野正(編),WHO血液腫瘍分類 改訂版~WHO分類2017をうまく活用するために~,株式会社医薬ジャーナル,大阪,pp.280-282,2018

  • 畑中 豊

    ゲノム診療用病理組織検体取扱い規程

    Medical Technology 2018年臨時増刊号,46(13):1351-1353,2018