研究活動について

2017年の研究

英文原著

2017年 (平成29年)

  1. Soga K, Ishikawa K, Furuya T, Iida T, Yamada T, Ando N, Ota K, Kanno-Okada H, Tanaka S, Shintaku M, Eishi Y, Mizusawa H, Yokota T.

    Gene dosage effect in spinocerebellar ataxia type 6 homozygotes: A clinical and neuropathological study.

    J Neurol Sci. 2017 Feb 15;373:321-328. doi: 10.1016/j.jns.2016.12.051.
    PubMed PMID: 28131213.

  2. Nakagawa J, Manabe O, Mizumachi T, Kanno-Okada H, Hatanaka KC, Mitsuhashi T, Oyama-Manabe N, Hirata K, Tamaki N.

    MRI and 18F-FDG PET/CT of laryngeal cartilaginous tumor.

    Clin Nucl Med. 2017 Mar;42(3):e157-e160. doi: 10.1097/RLU.0000000000001493.
    PubMed PMID: 28005638.

  3. Ohata T, Yokoo H, Kamiyama T, Fukai M, Aiyama T, Hatanaka Y, Hatanaka K, Wakayama K, Orimo T, Kakisaka T, Matsuno Y, Taketomi A.

    Fatty acid binding protein 5 function in hepatocellular carcinoma through induction of epithelial-mesenchymal transition.

    Cancer Med. 2017 May;6(5):1049-1061. doi: 10.1002/cam4.1020. [Epub ahead of print]. PMID: 28374947.

  4. Sato K, Shinkuma S, Fujimoto K, Hatanaka K, Akino A, Ujiie H, Nomura T, Fujita Y, Abe R, Matsuno Y, Shimizu H.

    Late-onset skin involvement on the forehead in multicentric Castleman disease.

    Int J Dermatol. 2017 Jul;56(7):e152-e153. doi: 10.1111/ijd.13559. [Epub ahead of print]PMID: 28244070.

  5. Yabusaki S, Oyama-Manabe N Email author, Manabe O, Hirata K, Kato F, Miyamoto N, Matsuno Y, Kudo K, Tamaki N, Shirato H.

    Characteristics of immunoglobulin G4-related aortitis/periaortitis and periarteritis on fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography co-registered with contrast-enhanced computed tomography.

    EJNMMI Res. 2017 Dec;7(1):20. doi: 10.1186/s13550-017-0268-1. Epub 2017 Feb 27.

  6. Minoru Kanaya, Tomoyuki Endo, Daigo Hashimoto, Shogo Endo, Ryo Takemura, Kohei Okada, Kanako C. Hatanaka, Yoshihiro Matsuno, Takanori Teshima.

    Diffuse large B-cell lymphoma with a bulky mass in the cranial vault.

    Int J Hematol. 2017 Aug;106(2):147-148.doi: 10.1007/s12185-017-2229-x. [Epub ahead of print]
    PMID: 28390034.

  7. Nitta T, Nakamura T, Mitsuhashi T, Asano T, Okamura K, Tsuchikawa T, Tamoto E, Murakami S, Noji T, Kurashima Y, Ebihara Y, Nakanishi Y, Shichinohe T, Hirano S.

    The impact of margin status determined by the one-millimeter rule on tumor recurrence and survival following pancreaticoduodenectomy for pancreatic ductal adenocarcinoma.

    Surg Today. 2017 Apr;47(4):490-497. doi: 10.1007/s00595-016-1420-7. Epub 2016 Sep 27.

  8. Sano I, Kuwatani M, Sugiura R, Kato S, Kawakubo K, Ueno T, Nakanishi Y, Mitsuhashi T, Hirata H, Haba S, Hirano S, Sakamoto N.

    Hepatobiliary and Pancreatic: A rare case of a well-differentiated neuroendocrine tumor in the bile duct with spontaneous regression diagnosed by EUS-FNA.

    J Gastroenterol Hepatol. 2017 Jan;32(1):11. doi: 10.1111/jgh.13585. No abstract available.

  9. Arai R, Onodera T, Terkawi MA, Mitsuhashi T, Kondo E, Iwasaki N.

    A rare case of multiple phosphaturic mesenchymal tumors along a tendon sheath inducing osteomalacia.

    BMC Musculoskelet Disord. 2017 Feb 13;18(1):79. doi: 10.1186/s12891-017-1446-z.
    PMID: 28193220

  10. Maeda T, Fujita Y, Imafuku K, Nakazato S, Hata H, Nomura T, Mitsuhashi T, Anan T, Hasegawa T, Hamaoka S, Shimizu H.

    Subcutaneous Nodule on the Right Palm of a Young Boy: A Quiz.

    Acta Derm Venereol. 2017 May 31. doi: 10.2340/00015555-2712. [Epub ahead of print]

  11. Kusajima E, Furukawa H, Funayama E, Oyama A, Mitsuhashi T, Yamamoto Y.

    Vesiculobullous melanoma: an unusual manifestation of in-transit

    Metastasis. Clin Exp Dermatol. 2017 Jun 7. doi: 10.1111/ced.13156. [Epub ahead of print]

  12. Kanno-Okada H, Takakuwa E, Tagawa Y, Kase S, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Namba K, Mitsuhashi T, Matsuno Y.

    Cytopathologic findings of cell block materials from the vitreous: Diagnostic distinction between intraocular lymphoma and non-lymphomatous diseases.

    Pathol Int. 2017 Jul;67(7):342-349. doi: 10.1111/pin.12551. Epub 2017 Jun 7.

  13. Hotta M, Yanagi T, Sugai T, Nakazato S, Izumi K, Hata H, Okada K, Goto H, Matsuno Y, Shimizu H.

    A case of peripheral T-cell lymphoma, not otherwise specified, presenting dyshidrosis-like eruptions as the first clinical manifestation.

    J Dermatol. 2017 Sep 4. doi: 10.1111/1346-8138.14029. [Epub ahead of print].

  14. Miyamoto S, Kudo T, Abiko S, Ono S, Shimizu Y,Matsuno Y, Sakamoto N.

    Endocytoscopy of superficial nonampullary duodenal tumor: two cases of tubular adenocarcinoma and adenoma.

    The American Journal of Gastroenterology, 2017 Nov;112(11):1638. doi: 10.1038/ajg.2017.276.

  15. Miyamoto S,Matsuno Y, Kato M, Kudo T, Ono S, Shimizu Y, Sakamoto N.

    Parietal cell protrusions and dilated oxyntic glands from use of vonoprazan.

    The American Journal of Gastroenterology, 10-Aug-2017, in press.

  16. Kohei Yokoi, Kazuya Kondo, Kiminori Fujimoto, Masaki Hara, Yoshihisa Kadota, Koji Kawaguchi, Hideo Kunitoh, Yoshihiro Matsuno, Jun Nakajima, Makoto Nishio, Kazuhiko Ogawa, Mitsugu Omasa

    JLCS medical practice guidelines for thymic tumors: summary of recommendations.

    Japanese Journal of Clinical Oncology, 2017, 1–4
    doi: 10.1093/jjco/hyx138

  17. Maki T, Ikeda H, Kuroda A, Kyogoku N, Yamamura Y, Tabata Y, Abiko T, Tsuchikawa T, Hida Y, Shichinohe T, Tanaka E, Kaga K, Hatanaka K, Matsuno Y, Imai N, Hirano S.

    Differential detection of cytoplasmic Wilms tumor 1 expression by immunohistochemistry, western blotting and mRNA quantification.

    Int J Oncol. 2017, Jan;50(1):129-140. doi: 10.3892/ijo.2016.3786. Epub 2016 Dec 2. PubMed PMID: 27922671.

  18. Sugita S, Hirano H, Hatanaka Y, Fujita H, Kubo T, Kikuchi N, Ito Y, Sugawara T, Segawa K, Hisai H, Yamashita K, Nobuoka T, Matsuno Y, Hasegawa T.

    Image analysis is an excellent tool for quantifying Ki-67 to predict the prognosis of gastrointestinal stromal tumor patients.

    Pathol Int. 2017 Nov 13. doi: 10.1111/pin.12611. [Epub ahead of print]
    PMID: 29131458

  19. Asakawa N, Uchida K, Sakakibara M, Omote K, Noguchi K, Tokuda Y, Kamiya K, Hatanaka KC, Matsuno Y, Yamada S, Asakawa K, Fukasawa Y, Nagai T, Anzai T, Ikeda Y, Ishibashi-Ueda H, Hirota M, Orii M, Akasaka T, Uto K, Shingu Y, Matsui Y, Morimoto SI, Tsutsui H, Eishi Y.

    Immunohistochemical identification of Propionibacterium acnes in granuloma and inflammatory cells of myocardial tissues obtained from cardiac sarcoidosis patients.

    PLoS One. 2017 Jul 7;12(7):e0179980. doi: 10.1371/journal.pone.0179980. eCollection 2017.
    PMID: 28686683

  20. Hontani K, Tsuchikawa T, Hiwasa T, Nakamura T, Ueno T, Kushibiki T, Takahashi M, Inoko K, Takano H, Takeuchi S, Dosaka-Akita H, Kuwatani M, Sakamoto N, Hatanaka Y, Mitsuhashi T, Shimada H, Shichinohe T, Hirano S.

    Identification of novel serum autoantibodies against EID3 in non-functional pancreatic neuroendocrine tumors.

    Oncotarget, Advance Publications 2017,

  21. Nakayama K, Yamada M, Tozawa Y, Nakamaru Y, Ueki M, Takezaki S, Nishimura H, Mitsuhashi T, Oyama-Manabe N, Sakamoto K, Arai R, Yamamoto S, Uetake K, Ariga T.

    Relapsing Polychondritis With Increased Bone Marrow Signal on Magnetic Resonance Imaging in a 13-Year-Old Girl.

    J Clin Rheumatol. 2017 Sep 26. doi: 10.1097/RHU.0000000000000578. [Epub ahead of print]
    PMID: 28953580

  22. Nakanishi Y, Tsuchikawa T, Okamura K, Nakamura T, Noji T, Asano T, Tanaka K, Shichinohe T, Mitsuhashi T, Hirano S.

    Clinicopathological features and prognosis of advanced biliary carcinoma centered in the cystic duct.

    HPB (Oxford). 2017 Sep 7. pii: S1365-182X(17)30887-0. doi: 10.1016/j.hpb.2017.08.014. [Epub ahead of print] PMID: 28890312

  23. Konno S, Shigemura M, Ogi T, Shimizu K, Suzuki M, Kaga K, Hida T, Matsuno Y, Nishimura M.

    Nine cases of multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia: analysis of follow-up HCRT, pulmonary function, and serum biomarker findings.

    Respiration, accepted for publication.

  24. Tsunematsu S, Muto S, Oi H, Naka T, Kitagataya T, Sasaki R, Taya Y, Baba U, Tsukamoto Y, Uemura K, Kimura T, Ohara Y.

    A case of surgically diagnosed primary hepatic angiosarcoma.

    Intern Med. 2017 Nov 20. doi: 10.2169/internalmedicine.9318-17. [Epub ahead of print]
    PubMed PMID: 29151516.

  25. Shimizu A, Takahashi T, Kushima R, Sentani K, Yasui W, Matsuno Y.

    An extremely rare case of Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma with differentiation to neuroendocrine carcinoma.

    Pathol Int. 2018 Jan;68(1):41-46. doi: 10.1111/pin.12613. Epub 2017 Dec 15.
    PMID: 29244230

  26. Kanno-Okada H, Mitsuhashi T, Mabe K, Shimoda T, Matsuno Y.

    Composite neuroendocrine tumor and adenocarcinoma of the rectum

    Diagn Pathol. 2017 Dec 11;12(1):85. doi: 10.1186/s13000-017-0674-8.
    PubMed PMID: 29228981.

  27. Wardell CP, Fujita M, Yamada T, Simbolo M, Fassan M, Karlic R, Polak P, Kim J5, Hatanaka Y, Maejima K, Lawlor RT, Nakanishi Y, Mitsuhashi T, Fujimoto A, Furuta M1, Ruzzenente A, Conci S, Oosawa A, Sasaki-Oku A, Nakano K, Tanaka H, Yamamoto Y, Michiaki K, Kawakami Y, Aikata H, Ueno M, Hayami S, Gotoh K, Ariizumi SI, Yamamoto M, Yamaue H, Chayama K, Miyano S, Getz G, Scarpa A, Hirano S, Nakamura T, Nakagawa H.

    Genomic Characterization of Biliary Tract Cancers Identifies Driver Genes and Predisposing Mutations

    J Hepatol. 2018 Jan 19. pii: S0168-8278(18)30021-7. doi: 10.1016/j.jhep.2018.01.009.
    [Epub ahead of print]

  28. Einama T, Kamachi H, Sakata T, Shibata K, Wakizaka K, Sugiyama K, Shibuya K, Shimada S, Wakayama K, Orimo T, Yokoo H, Kamiyama T, Mitsuhashi T, Taketomi A.

    Curative resection of pancreatic ductal adenocarcinoma developing in the remnant pancreas 13&½years after distal pancreatectomy for intraductal papillary mucinous neoplasms: A case report

    January 2018Molecular and Clinical Oncology
    DOI10.3892/mco.2018.1556

  29. Hirata K, Kuwatani M, Mitsuhashi T, Sugiura R, Kato S, Kawakubo K, Yamada T, Asano T, Hirano S, Sakamoto N.

    Mixed ductal-neuroendocrine carcinoma with unique intraductal growth in the main pancreatic duct.

    Endoscopic Ultrasound (accepted on Jan 01, 2018)

  30. Kikawa S, Fujita H, Hanley S-JB, Kasamo M, Kikuchi K, Torigoe T, Matsuno Y, Tamakoshi A, Sasaki T, Matsuura M, Kato Y, Dong P, Watari H, Saito T, Sengoku K, Sakuragi N.

    Comparison of HPV genotyping and cytology triage, COMPACT-Study: Design, methods and baseline results in 14,642 women.

    Cancer Sci, in press.

  31. Sasaki H, Iwami D, Hotta K, Morita K, Naka T, Shinohara N.

    Spontaneous reduction of native kidney size involving angiomyolipoma lesions in a kidney transplant recipient with tuberous sclerosis complex.

    Int J Urol. 2018 Feb 8. doi: 10.1111/iju.13534. [Epub ahead of print]
    PMID: 29417638

  32. Noji T, Kurashima Y, Nakanishi Y, Asano T, Ebihara Y, Nakamura T, Murakami S, Tsuchikawa T, Okamura K, Shichinohe T, Mitsuhashi T, Hirano S.

    Biliary stricture due to a migrated suture after laparoscopic distal gastrectomy.

    Asian J Endosc Surg. 2018 Feb 20. doi: 10.1111/ases.12468. [Epub ahead of print]
    PMID: 29464866

  33. Yamada T, Nakanishi Y, Okamura K, Tsuchikawa T, Nakamura T, Noji T, Asano T, Tanaka K, Kurashima Y, Ebihara Y, Murakami S, Shichinohe T, Mitsuhashi T, Hirano S.

    Impact of serum CA19-9 level on prognosis and prediction of lymph node metastasis in patients with intrahepatic cholangiocarcinoma.

    J Gastroenterol Hepatol. 2018 Feb 10. doi: 10.1111/jgh.14124. [Epub ahead of print]
    PMID: 29427472

  34. Hashiguchi J, Onozawa M, Naka T, Hatanaka KC, Shiratori S, Sugita J, Fujimoto K, Matsuno Y, Teshima T.

    Re-infection of toxoplasma gondii after HSCT presenting lymphadenopathy resembling recurrence of lymphoma.

    Transpl Infect Dis. 2018 Mar 30. doi: 10.1111/tid.12892. [Epub ahead of print]
    PMID: 29603522

  35. Nakatani M, Watari H, Mitamura T, Wang L, Hatanaka Y, Hatanaka KC, Honda K, Nomura T, Nishihara H, Tanaka S, Sakuragi N.

    The Anti-tumor Effect of Cabozantinib on Ovarian Clear Cell Carcinoma In Vitro and In Vivo.

    Anticancer Res. 2017 Nov;37(11):6125-6132. PubMed PMID: 29061793.

学会・口演

2017年(平成29年)

  • 丸川活司

    コンパニオン診断薬のIHCのピットフォールについて

    第25回 日臨技首都圏支部・関甲信支部 病理細胞検査研修会,
    2017年1月15日,横浜情報文化センター6階 情文ホール(横浜市),講演

  • 木田 博朗,松井 雄一郎,船越 忠直,河村 太介,永野 裕介,門間 太輔,桑原 健,畑中 佳奈子,岩崎 倫政

    有頭骨部分切除・腱球置換術を施行した有頭骨壊死の1例

    第132回北海道整形災害外科学会,2017年1月28-29日,札幌医科大学臨床教育研究棟(札幌市),口演

  • 中本 裕紀,渋谷 一陽,島田 慎吾,永生 高広,若山 顕治,折茂 達也,横尾 英樹,蒲地 浩文,神山 俊哉,武冨 紹信,中 智昭,三橋 智子

    悪性リンパ腫の経過中に肝内胆管癌と混合型肝癌の両者を認めた1例

    第106回北海道外科学会,2017年2月4日,
    北海道大学大学院医学研究科医学部学友会館「フラテ」(札幌市),一般演題・口演

  • 市村 健太郎,太田 拓児,志智 俊介,三野 和宏,植村 一仁,畑中 佳奈子,松野 吉宏,高橋 宏明

    腸結核による回盲部狭窄に対し腹腔鏡下回盲部切除術を施行した2例

    第106回北海道外科学会,2017年2月4日,
    北海道大学大学院医学研究科医学部学友会館「フラテ」(札幌市),一般演題・口演

  • 松本 宗大,鈴木 雅,武井 望,山下 優,木村 孔一,清水 薫子,長岡 健太郎,今野 哲,中 智昭,西村 正治

    抗EJ抗体陽性膠原病関連間質性肺炎の1例.

    第113回日本呼吸器学会北海道地方会,2017年2月25日,一般演題・口演

  • 東山 結美,武井 望,今福 恵輔,秦 洋郎,山下 優,長岡 健太郎,鈴木 雅,今野 哲,松野 吉宏,西村 正治

    びまん性肺陰影を呈した悪性黒色腫の多発肺転移の一例

    第113回日本呼吸器学会北海道地方会,2017年2月25日,一般演題・口演

  • 畑中 豊

    コンパニオン診断/ゲノム診断の今後:病理部門の役割

    日本臨床細胞学会大阪府支部学術集会、2017年2月25日,
    大阪市立総合医療センター さくらホール(大阪),講演

  • 畑中 豊

    GI-SCREENに提出された病理標本の検討:
    日本病理学会・ゲノム診療用病理組織検体取り扱い規程に関して

    平成28年度第4回SCRUM-Japan GI-SCREEN 合同会議,2017年2月26日,
    大手町フィナンシャルシティ・カンファレンスセンター(東京),講演

  • 志藤 元泰,北潟谷 隆,佐々木 塁,常松 聖司,多谷 容子,馬場 麗,塚本 祐己,武藤 修一,木村 宗士,大原 行雄,志智 俊介,岡田宏美

    下血を主訴としたPeutz–Jeghers型回腸ポリープの1例

    第120回日本消化器病学会 北海道支部例会,2017年3月4日,一般演題・口演

  • Takashi Ueno, Tomoko Mitsuhashi, Yutaka Hatanaka, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Yoshihiro Matsuno, Satoshi Hirano.

    Prognostic significance of PD-L1 expression in extrahepatic cholangiocarcinoma.

    2017 Annual Meeting, United States and Canadian Academy of Pathology, March 4-10, 2017, Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, TX, USA (poster)

  • 清水 亜衣, 三橋 智子, 佐藤 昌明, 杉田 真太朗, 高畠 博嗣, 加賀 基知三, 長谷川 匡, 松野 吉宏.

    針生検での診断に難渋した、若年女性の肋骨腫瘍

    第178回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会), 2017年3月11日,
    北海道がんセンター(札幌市)

  • 畑中 豊

    コンパニオン診断/ゲノム診断の質担保とプレアナリシス段階の標準化

    サクラファインテックジャパン学術講習会,2017年3月18日,
    サクラファインテックジャパン本社会議室(東京),講演

  • 畑中 豊

    病理組織検体における核酸の品質管理

    AMED「がんの個別化医療の実現化に向けた解析・診断システムの構築研究」班モデル講習会,
    2017年3月19日,東京丸の内JPタワーホール&カンファレンス(東京),講演

  • 畑中 豊,畑中 佳奈子,松野 吉宏

    悪性リンパ腫におけるCD30分子発現と治療

    平成27年度日本病理精度保証機構 教育・研修会,2017年3月19日,
    サクラファインテックジャパン本社会議室(東京),講演

  • 畑中 佳奈子,畑中 豊,松野 吉宏

    悪性リンパ腫診断におけるCD30検査の意義

    平成27年度日本病理精度保証機構 教育・研修会,2017年3月19日,サクラファインテックジャパン本社会議室(東京),講演

  • Ohhara Y, Kinoshita I, Tomaru U, Hatanaka K, Hatanaka Y, Honma R, Takeuchi S, Shimizu Y, Kaga K, Matsuno Y, Dosaka-Akita H.

    Clinicopathological features of programmed cell death ligand 1 (PDL1) expression in resected non-small cell lung cancers.

    AACR Annual Meeting 2017, Washington, DC, USA, 2017 Apr 1-5 (Apr 3).

  • 阪田 敏聖,神山 俊哉,坂本 譲,島田 慎吾,永生 高広,若山 顕治,折茂 達也,横尾 英樹,蒲池 浩文,清水 亜衣,畑中 佳奈子,武冨 紹信

    集学的治療により長期生存が得られたAFP産生胃癌の1例

    第117回日本外科学会定期学術集会,2017年4月27-29日,パシフィコ横浜(横浜市),一般演題

  • 松澤 ⽂彦,蒲池 浩⽂,⽔上 達三,永⽣ ⾼広,畑中 豊,古内 恵司,神⼭ 俊哉,武冨 紹信

    抗メソテリン抗体(MORAb-009)によるヒト膵癌細胞株に対する抗腫瘍効果の検討

    第117回⽇本外科学会定期学術集会,2017年4月27-29日(4月29日),パシフィコ横浜(横浜市)

  • 清水 亜衣, 畑中 佳奈子, 畑中 豊, 南家 綾江, 奥村 麻美, 成地 健太郎, 佐藤 正治, 山下 啓子, 松野 吉宏

    Immunohistochemical analysis of oncoMUC1 in breast tissue using a novel epitope-defined antibody.
    新規MUC1糖鎖特異抗体を用いた乳腺組織における癌関連糖鎖の組織局在に関する検討.

    第106回日本病理学会総会, 2017年4月27-29日(4月29日), 京王プラザホテル(東京)

  • 畑中 豊

    今後のがんゲノム診断における病理組織検体の品質の重要性

    第106回日本病理学会総会(モーニングセミナー),2017年4月27-29日(4月28日),
    京王プラザホテル(東京)

  • 畑中 豊,谷田部 恭,中村 靖司

    明日から出来る!!PD-L1検査 22C3 ハンズオンセミナー ~顕微鏡を備えて~

    第106回日本病理学会総会(ハンズオンセミナー),2017年4月27-29日(4月28日),
    京王プラザホテル(東京)

  • 畑中 豊,桑田 健,増田 しのぶ,酒井 康裕,坂下 信悟,南 優子,元井 紀子,大林 千穂,谷田部 恭,森井 英一

    コンパニオン診断の外部精度評価における新たな課題と取り組み.

    第106回日本病理学会総会(ワークショップ),2017年4月27-29日(4月28日),
    京王プラザホテル(東京)

  • 畑中 豊

    肺がんにおけるPD-L1検査の実践

    Immuno Oncology NSCLC Forum, 2017年5月12日,ヒルトン大阪(大阪市)

  • 畑中 豊

    コンパニオン診断/ゲノム診断の今後

    第6回 神戸免疫組織診断セミナー, 2017年5月13-14日(5月14日),
    神戸大学統合研究拠点コンベンションホール(神戸市)

  • 加藤 達哉,Lee Daiyoon,氏家 秀樹,和田 啓伸,加地 苗人,松毛 真一,菅野 宏美,畑中 豊,畑中 佳奈子,松野 吉宏,加賀 基知三,松居 喜郎,De Perrot Marc, 安福 和弘

    悪性胸膜中皮腫における治療標的遺伝子としてのSORORINおよびPLK1遺伝子の役割

    第34回 日本呼吸器外科学会総会,2017年5月18-19日(5月19日),福岡国際会議場(福岡市)

  • 畑中 豊

    肺がんPD-L1検査の実践

    北海道 臨床肺癌セミナー, 2017年5月20日,札幌プリンスホテル(札幌市)

  • 安孫子 光春,清水 知浩,丸川 活司,畑中 豊,松野 吉宏

    当施設における肺癌EGFR遺伝子変異検査の現状と課題

    第58回日本臨床細胞学会総会春期大会,2017年5月26-28日(5月28日),
    大阪国際会議場(大阪市),ワークショップ・口演

  • 濱川 真治,清水 誠一郎,亀井 敏昭,鍋島 一樹,松本 慎二,丸川 活司,稲葉 暁子,大金 直樹,瀧本 雅文,鴨志田 伸吾

    悪性中皮腫における体腔液セルブロック法を用いたRFC-1発現の検討

    第58回日本臨床細胞学会総会春期大会,2017年5月26-28日(5月27日),
    大阪国際会議場(大阪市),一般演題・口演

  • 小川 勝成、鈴木 利明、伊藤 仁、丸川 活司、白波瀬 浩幸、横山 俊朗、安藤 登

    ヘマトキシリン・エオジン染色における病理医と技師の観察点のちがいについて
    -全国大学病院病理部技術者連絡会・研究会における染色サーベイより報告-

    第66回日本医学検査学会、2017年6月17-18日(6月18日)、千葉幕張メッセ(千葉市)、一般演題

  • 坂本 譲,神山 俊哉,阪田 敏聖,島田 慎吾,永生 高広,若山 顕治,折茂 達也,横尾 英樹,蒲池 浩文,中 智昭,三橋 智子,武冨 紹信

    まれなG-CSF産生肝細胞癌の1例

    第53回日本肝癌研究会,2017年7月6-7日(7月7日),京王プラザホテル(東京),一般演題・示説

  • 畑中 豊

    コンパニオン診断・ゲノム診断の検査精度に必要な知識と技能

    平成29年度認定病理検査技師指定講習会, 2017年7月 8-9日(7月8日),
    名古屋市立大学滝子(山の畑)キャンパス(名古屋市)

  • 石田 直子,馬場 基,萩尾 加奈子,郭 家志,押野 智博,笠原 里紗,奈良 美也子,畑中 豊,岡田 宏美,富樫 謙一,松野 吉宏,山下 啓子

    ER陽性乳癌組織におけるPIK3CA遺伝子変異とAKT、ERαのリン酸化の検討

    第25回日本乳癌学会学術総会, 2017年7月13-15日(7月14日),
    マリンメッセ福岡・福岡国際会議場(福岡市)

  • 東山 結美,石田 直子,市之川 一臣,馬場 基,萩尾 加奈子,押野 智博,笠原 里紗,奈良 美也子,加藤 扶美,中 智昭,山下 啓子

    術後早期に局所再発し急速増大をきたした巨大葉状腫瘍の1例

    第25回日本乳癌学会学術総会,2017年7月13-15日,
    マリンメッセ福岡・福岡国際会議場(福岡市),一般演題・口演

  • 清水 亜衣, 畑中 佳奈子, 畑中 豊, 馬場 基, 石田 直子, 南家 綾江, 奥村 麻美, 成地 健太郎, 佐藤 正治, 加瀬 廣, 三橋 智子, 山下 啓子, 松野 吉宏.

    乳癌における新規MUC1癌関連糖鎖特異抗体の診断有用性の検討

    第25回日本乳癌学会学術総会, 2017年7月13-15日(7月15日),
    マリンメッセ福岡・福岡国際会議場(福岡市)

  • 畑中 豊

    第1期 GI-SCREENに提出された病理組織標本の検討及び日本病理学会における
    ゲノム用病理組織検体取扱い規程の作成状況
    日本病理学会・ゲノム診療用病理組織検体取扱い規程の進捗と今後の予定

    平成29年度 第1回 SCRUM-Japan GI-SCREEN 合同会議, 2017年7月14日,
    TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(東京)

  • 森本 浩史,間石 奈湖,樋田 泰浩,西原 広史,畑中 豊,松野 吉宏,中村 透,平野 聡,樋田 京子

    The analysis of biglycan expression in human lung cancer

    第5回がんと代謝研究会 in 札幌.2017年7月14日,
    北海道大学医学部学友会館「フラテ」大ホール(札幌市)

  • 畑中 豊

    肺癌PD-L1検査の実践

    キイトルーダ発売記念講演会, 2017年7月15日,札幌プリンスホテル(札幌市)

  • 広瀬 貴行,岩見 大基,堀田 記世彦,佐々木 元,樋口 はるか,高田 祐輔,中 智昭,篠原 信雄

    リツキシマブ抵抗性de novo DSA陽性抗体関連型拒絶反応にサイモグロブリンを使用した1例

    第21回移植腎病理研究会学術集会,2017年7月15日,
    名古屋第二赤十字病院(名古屋市),一般演題・示説

  • 畑中 豊

    がんゲノム/コンパニオン診断の現状と今後

    モロオ がんセミナー, 2017年7月27日,モロオ本社(札幌市)

  • 朝野 拓史,渡利 英道,遠藤 大介,國友 美穂子,本田 弘平,野村 俊之,畑中 豊,畑中 佳奈子

    卵巣明細胞癌患者由来異種移植片モデルの樹立と特性解析

    日本婦人科腫瘍学会学術講演会,2017年7月27-29日(7月27日),
    ホテル日航熊本・くまもと県民交流館パレア(熊本市)

  • 中谷 真紀子,渡利 英道,王 磊,畑中 豊,畑中 佳奈子,西原 広史,朝野 拓史,遠藤 大介,三田村 卓,董 培新,シャロン・ハンリー,田中 伸哉,櫻木 範明

    卵巣明細胞腺癌に対するcabozantinibの抗腫瘍効果についての検討

    日本婦人科腫瘍学会学術講演会,2017年7月27-29日(7月28日),
    ホテル日航熊本・くまもと県民交流館パレア(熊本市)

  • 森本 浩史,間石 奈湖,樋田 泰浩,西原 広史,畑中 豊,松野 吉宏,中村 透,平野 聡,樋田 京子

    肺癌症例における腫瘍血管内皮マーカーbiglycanの発現解析

    第26回日本がん転移学会学術集会,2017年7月27-28日(7月28日),大阪国際会議場(大阪)

  • 畑中 豊

    がんゲノム/コンパニオン診断の動向:EGFR遺伝子変異検査の今後について

    肺癌EGFR遺伝子変異検査Quality Controlセミナー, 2017年8月5日,
    朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター(新潟市)

  • 畑中 豊

    病理部門におけるがんゲノム/コンパニオン診断の最近の動向

    第5回 ロシュ・ダイアグノスティックス東北病理学術セミナー,
    2017年8月19日, TKPガーデンシティPREMIUM仙台(仙台市)

  • 畑中 豊

    NGSデータの品質管理(検体品質とシークエンス結果の関係を中心に)

    AMED「がんの個別化医療の実現化に向けた解析・診断システムの構築研究」班・講習会,
    2017年8月26-27日(8月26日), 品川フロントビル会議室(東京), 講義

  • 加藤 扶美,井平 圭,野崎 綾子,中 智昭,松野 吉宏,渡利 英道,真鍋 徳子,工藤 與亮

    子宮頚部明細胞腺癌の2例

    Japanese Society for the Advancement of Women’s Imaging 2017 第18回シンポジウム,
    2017年9月1-2日,淡路夢舞台国際会議場(兵庫県淡路市),一般演題・示説

  • 長島 一哲,桂田 武彦,小田切 信介,山梨 香菜,木下 賢治,松野 吉宏,坂本 直哉

    オルメサルタンによるcollagenous enteritisの1例

    第121回日本消化器病学会北海道支部例会兼第115回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会,
    2017年9月2-3日,札幌市

  • 浅野 毅,髙橋 大介,入江 徹,新井 隆太,岩崎 倫政,松野 吉宏,今本 鉄平,神島 保

    FAI症状を呈した股関節内腫瘍性疾患の1例

    北海道若手股関節医を育てる会(第4回),2017年9月9日,札幌市,口演

  • 高桑 恵美,畑中 佳奈子,松野 吉宏

    右腎腫瘍、腎芽腫疑い

    2017年度日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会症例検討会,
    2017 年9月15日,コラッセふくしま(福島市),口演

  • 中 智昭,湯澤 明夏,吉川 摩由,田中 伸哉,長嶋 和郎,武井 英博,土井 和尚,清水 亜衣,桑原 健,岡田 宏美,高桑 恵美,三橋 智子,長谷川 匡,松野 吉宏

    表皮嚢腫疑いで摘出された下肢軟部瘍の一例(第2報)

    第180回日本病理学会北海道支部学術集会,2017年9月16日,
    札幌医科大学臨床教育研究棟(札幌市),一般演題・口演

  • 嘉島 相裕,伊藤 健一郎,佐藤 寿高,福家 聡,小島 哲弥,斎藤 拓志,西浦 洋一,磯部 宏,加賀 基知三,樋田 泰浩,松野 吉宏,桑原 健

    肺動脈原発Intimal Sarcomaの一例

    第114回日本呼吸器学会北海道支部学術集会,2017年9月16日,札幌市教育文化会館(札幌市)

  • 岩淵 英人,中澤 温子,北條 洋,大島 孝一,田丸 淳一,中峯 寛和,中村 栄男,松野 吉宏,吉野 正

    Anaplastic large cell lymphoma, ALK-positive における
    PD-1, PD-L1発現の病理組織学的検討

    第37回日本小児病理研究会,2017 年9月16日,コラッセふくしま(福島市),口演

  • 高桑 恵美,松野 吉宏,井口 晶裕,長 祐子,杉山 未奈子

    当院における小児リンパ腫病理診断の傾向
    ―地方の小児がん拠点病院における病理診断の現状について―

    第37回日本小児病理研究会学術集会,2017 年9月16日,コラッセふくしま(福島市),口演

  • 八木 優樹,加藤 達哉,千葉 龍平,久保田(中田) 玲子,新垣 雅人,樋田 泰浩,桑原 健,清水 亜衣,松野 吉宏,加賀 基知三,松居 喜郎

    体外式膜型人工肺が有用であった巨大縦隔腫瘍に対するClamshellアプローチによる2手術例

    第102回日本胸部外科学会北海道地方会,2017年9月16-17日,札幌市,口演

  • 畑中 豊.

    病理部門におけるがんゲノム/コンパニオン診断の最近の動向

    日本臨床検査自動化学会第49回大会(ランチョンセミナー),
    2017年9月21-23日(9月23日), パシフィコ横浜(横浜市)

  • 高桑 恵美

    小児がんの病理診断 -中央病理診断事務局での経験から-

    北海道大学病院 第5回小児がん拠点病院研修会,
    2017年9月23日,北海道大学学術交流会館(札幌市),講演

  • 森本 浩史,間石 奈湖,樋田 泰浩,西原 広史,畑中 豊,松野 吉宏,中村 透,平野 聡,樋田 京子

    肺癌症例における腫瘍血管内皮細胞マーカーbiglycanの発現解析

    第76回日本癌学会学術総会,2017年9月28-30日,パシフィコ横浜(横浜市)

  • 桑原 健,畑中 豊,畑中 佳奈子,清水 知浩,岡田 宏美,加賀 基知三,樋田 泰浩,秋田 弘俊,榊原 純,外丸 詩野,松野 吉宏

    原発性肺扁平上皮癌におけるPD-L1とNT5E(CD73)の発現と予後に関する検討

    第76回日本癌学会学術総会,2017年9月28-30日(9月30日),
    パシフィコ横浜(横浜市),一般演題・ポスター

  • 大西 俊介,水島 健,清水 勇,畑中 豊,畑中 佳奈子,山本 桂子,本間 明宏,栗木 優五,神谷 真子,浦野 泰照,坂本 直哉

    Dipeptidylpeptidase-IVの酵素活性により蛍光を発するプローブによる頭頸部表在癌の検出

    第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月28-30日(9月29日), パシフィコ横浜(横浜市)

  • 高島 雄太,榊原 純,畑中 豊,畑中 佳奈子,大原 克仁,大泉 聡史,樋田 泰浩,加賀 基知三,木下 一郎,秋田 弘俊,松野 吉宏,西村 正治

    EGFR-TKI初期耐性非小細胞肺癌の臨床病理学的特徴及び免疫微小環境に関する検討

    第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月28-30日(9月30日), パシフィコ横浜(横浜市)

  • 齊藤 優莉亜,松嶋 朋子,赤井 保正,奥村 麻美,畑中 佳奈子,山下 啓子,畑中 豊,松野 吉宏

    ホルマリン固定化時間が乳癌のmulti-geneアッセイに与える影響の確認

    第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月28-30日(9月30日), パシフィコ横浜(横浜市)

  • 佐藤 翔紀,白井 慎一,高橋 育子,加納 崇裕,矢部 一郎,遠藤 知之,豊嶋 崇徳,東海林 菊太郎,宝金 清博,畑中佳奈子,桑原 健,松野 吉宏,太田 雅之,三浦 義治,中道 一生,佐々木 秀直

    脳生検により診断した進行性多巣性白質脳症の長期生存例

    第22回日本神経感染症学会総会・学術大会,2017年10月13-14日,北九州国際会議場(北九州市)

  • 清水 亜衣,畑中 佳奈子,畑中 豊,石田 直子,馬場 基, 南家 綾江,奥村 麻美,成地 健太郎,佐藤 正治,加瀬 廣,三橋 智子,山下 啓子,松野 吉宏

    MUC1癌関連糖鎖特異抗体の乳癌における診断有用性の検討

    第50回北海道病理談話会,2017年 10月14日, 北海道大学医学 臨床大講堂(札幌市)

  • 畑中 豊.

    コンパニオン診断・ゲノム診断を正しく行うために:検体の扱い方を中心に.

    第58回 日本肺癌学会学術集会(教育講演),
    2017年10月14-15日(10月15日), パシフィコ横浜(横浜市)

  • 森本 浩史,間石 奈湖,樋田 泰浩,西原 広史,畑中 豊,松野 吉宏,平野 聡,樋田 京子.

    肺癌症例における腫瘍血管内皮マーカーbiglycanの発現解析.

    第116回北海道癌談話会例会,2017年10月21日,北海道大学医学部 学友会館フラテホール(札幌).

  • Shojiro Takahashi, Mutsumi Takahata, Tomohiro Yamakawa, Masahiro Chiba, Kazuki Yoneda, Junko Iwasaki, Akio Shigematsu, Koichiro Minauchi, Shuichi Ota, Kiyotoshi Imai, Teiichi Hirano, Masahiro Ogasawara, Masato Obara, Yoshihiro Matsuno, Masahiro Imamura, Naoki Kobayashi.

    Review of intestinal T cell lymphoma according to the 2016 WHO classification.

    第79回日本血液学会学術集会,2017年10月20-22日,東京,示説

  • 小田 義崇,桑原 健,中 智昭,藪崎 哲史,工藤 與亮,樋田 泰浩,加賀 基知三,三橋 智子,松野 吉宏

    Psammomatous melanotic schwannomaの一切除例

    第43回日本肺癌学会北海道支部学術集会,
    2017年10月28日,北海道大学医学部(札幌市),一般演題・口演

  • 杉山 未奈子,長 祐子,井口 晶裕,有賀 正,山田 勝久,新井 隆太,岩田 玲,羽田 光輝,荒 桃子,宮城 久之,本多 昌平,高桑 恵美

    下肢痛にて発症し、診断に苦慮したHodgkin Lymphomaの一例

    第34回 北海道小児血液研究会,
    2017年10月28日,ホテルマイステイズ札幌アスペン(札幌市),一般演題,口演

  • 畑中 豊.

    NGSデータの品質管理(検体品質とシークエンス結果の関係を中心に).

    AMED「がんの個別化医療の実現化に向けた解析・診断システムの構築研究」班・講習会,
    2017年11月4-5日(11月4日), コングレススクエア日本橋(東京), 講義.

  • 結城 敏志,川本 泰之,畑中 豊,小松 嘉人.

    地域におけるがん薬物療法におけるゲノム医療の推進- Hokudai GI screenについて –.

    第71回 国立病院総合医学会(シンポジウム),
    2017年11月10-11日(11月10日), JRホテルクレメント高松(高松市)

  • 藤本 望,大江 真司,服部 淳夫,松野 吉宏

    肝に炎症性偽腫瘍を認め血小板減少を伴った、IgG4関連肝疾患と考えられた1例

    第281回日本内科学会北海道地方会,2017年11月18日,旭川グランドホテル(旭川市)

  • 三橋 智子

    神経内分泌腫瘍および充実性偽乳頭状腫瘍などの細胞診の実践
    シンポジウム 13「細胞診ガイドラン・膵癌取扱い規約第 7版版を踏まえた膵領域細胞診の実践」

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会,2017年11月18-19日,福岡国際会議場(福岡市)

  • 畑中 豊,安孫子 光春,清水 知浩,丸川 活司,畑中 佳奈子,品川 尚文,木下 一郎,松野 吉宏

    ゲノム医療における今後の細胞診の役割と対応
    ワークショップ「呼吸器領域の細胞診の工夫(将来の展望)」

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会,2017年11月18-19日,福岡国際会議場(福岡市)

  • 安孫子 光春,出口 貴祥,清水 知浩,恩田 千景,渡部 涼子,宮越 里絵,丸川 活司,岡田 宏美,高桑 恵美,三橋 智子,松野 吉宏

    子宮頸部細胞診における萎縮性変化とHSILとの鑑別を要する細胞像に関する検討

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会,
    2017年11月18-19日,福岡国際会議場(福岡市),一般演題「地域連携組織推薦演題」・口演

  • 前田 悟郎,武田 真人,奥 聡,朝野 拓史,小林 由佳子,石塚 泰也,丸川 活司,今井 一章,遠藤 大介,岡田 宏美,三田村 卓,渡利 英道,畑中 佳奈子,櫻木 範明,松野 吉宏

    胃癌の子宮頸部転移が疑われた1例

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会,2017年11月18-19日,福岡国際会議場(福岡市),一般演題

  • 小林 由佳子,武田 真人,奥 聡,朝野 拓史,石塚 泰也,丸川 活司,岡田 宏美,三田村卓,保坂 昌芳,畑中 佳奈子,佐川 正,渡利 英道,櫻木 範明,松野 吉宏,今井 一章

    子宮体部粘液性腺癌の2例

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会,2017年11月18-19日,福岡国際会議場(福岡市),一般演題

  • 奥 聡,武田 真人,朝野 拓史,今井 一章,小林 由佳子,前田 悟郎,石塚 泰也,丸川 活司,岡田 宏美,三田村 卓,保坂 昌芳,佐川 正,渡利 英道,畑中 佳奈子,松野 吉宏

    子宮頸部絨毛腺管状腺癌の1例

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会,2017年11月18-19日,福岡国際会議場(福岡市),一般演題

  • 良川 大晃,奥 聡,朝野 拓史,前田 悟郎,小林 由佳子,石塚 泰也,三田村 卓,渡利 英道,丸川 活司,岡田 宏美,清水 亜衣,松野 吉宏

    子宮頸部コンジローマ様癌の2例

    第38回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会,
    2017年11月26日,札幌札幌医科大学(札幌市),一般演題

  • 小林 由佳子,武田 真人,奥 聡,朝野 拓史,前田 悟郎,石塚 泰也,三田村 卓,渡利 英道,丸川 活司,岡田 宏美,畑中 佳奈子,三橋 智子,松野 吉宏

    子宮体部明細胞腺癌の12例

    第38回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会,
    2017年11月26日,札幌札幌医科大学(札幌市),一般演題

  • 前田 悟郎,奥 聡,武田 真人,小林 由佳子,朝野 拓史,石塚 泰也,三田村 卓,渡利 英道,山谷 幸恵,丸川 活司,藤沢 孝志,岡田 宏美,畑中 佳奈子,三橋 智子,松野 吉宏

    膣悪性黒色腫の1例

    第38回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会,
    2017年11月26日,札幌札幌医科大学(札幌市),一般演題

  • 奥 聡,武田 真人,朝野 拓史,前田 悟郎,小林 由佳子,石塚 泰也,三田村 卓,渡利 英道,出口 貴祥,丸川 活司,岡田 宏美,清水 亜衣,松野 吉宏

    腹膜悪性中皮腫の1例

    第38回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会,
    2017年11月26日,札幌札幌医科大学(札幌市),一般演題

  • 恩田 千景,丸川 活司,安孫子 光春,清水 知浩,渡部 涼子,宮越 里絵,出口貴祥,桑原 健,畑中 佳奈子,岡田 宏美,高桑 恵美,本間 明宏,三橋 智子,松野 吉宏

    骨髄移植後の小児に発生した甲状腺乳頭癌の一例

    第38回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会,
    2017年11月26日,札幌札幌医科大学(札幌市),一般演題

  • 出口 貴祥,丸川 活司,安孫子 光春 ,清水 知浩,恩田 千景,渡部 涼子,宮越 里絵,岡田 宏美,中 智昭 ,高桑 恵美,加藤 新,桒谷 将城,三橋 智子,松野 吉宏

    術前にEUS-FNAにより診断可能であった後腹膜混合性胚細胞腫瘍の一例

    第38回北海道臨床細胞学会総会並びに学術集会,
    2017年11月26日,札幌札幌医科大学(札幌市),一般演題

  • 上床 尚,佐藤 翔紀,阿部 恵,高橋 育子,松島 理明,加納 崇裕,山口 秀,高桑 恵美,畑中 佳奈子,矢部 一郎,佐々木 秀直

    脳腫瘍類似の脳MRI所見を呈した橋本脳症の1例

    第50回日本神経病理学会北海道地方会,
    2017年12月2日,北海道大学医学部・医歯学総合研究棟3階実習室(札幌市),口演

  • 畑中 豊,桑田 健,小田 義直.

    全国共通遺伝子解析・診断システムの構築および研究プログラムの開発
    ゲノム診療用病理組織検体取扱い規程およびE-learning システム開発.

    平成29年度 第2回SCRUM-Japan GI-SCREEN 合同会議,
    2017年12月9日,フクラシア丸の内オアゾ(東京)

  • 大塚 拓也,中 智昭,高桑 恵美,三田村 卓,加藤 扶美,三橋 智子,松野 吉宏

    中年女性に発生した右卵巣腫瘍の一例

    第181回日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会),
    2017.12.16,札幌医科大学記念ホール(札幌市),口演

  • 森本 浩史,間石 奈湖,樋田 泰浩,西原 広史,畑中 豊,松野 吉宏,中村 透,平野 聡,樋田 京子.

    肺癌症例における腫瘍血管内皮マーカーbiglycaの発現解析.

    第8回IGM研究交流会,2017年12月20日,北海道大学(札幌市)

和文タイトル

2017年(平成29年)

  • 宮越 里絵,丸川 活司

    消耗性色素を利用した染色法を比較する シュモール反応を中心に

    検査と技術,45(2): 112-116,2017,医学書院

  • 山谷 幸恵,丸川 活司

    FFPEブロックを利用した脂肪染色の有用性

    検査と技術,45(5): 542-546,2017,医学書院

  • 丸川 活司

    消耗性色素の染色法 5章:一般染色各論

    病理検査技術教本 (JAMT技術教本シリーズ),日本臨床衛生検査技師会 (監修)
    pp197-199,2017,丸善出版

  • 丸川 活司

    免疫組織化学:概論 6章:酵素組織化学・免疫組織化学

    病理検査技術教本 (JAMT技術教本シリーズ),日本臨床衛生検査技師会 (監修)
    pp249-253,2017,丸善出版

  • 矢部 沙織, 本間 重紀, 吉田 雅, 下國 達志, 崎浜 秀康, 川村 秀樹, 三橋 智子, 岡田 宏美, 武冨 紹信

    家族性大腸腺腫症術後30 年で発生した結腸人工肛門部癌の1 例

    日本消化器外科学会雑誌,50(4): 317-325,2017
    doi: 10.5833/jjgs.2016.0083

  • 吹谷 美佳,丸川 活司,安孫子 光春

    脱灰液が核酸品質に与える影響に注意

    検査と技術,45(7): 774-777,2017,医学書院

  • 出口 貴祥,丸川 活司,諸岡 亜早美,望月 抄苗,清水 知浩,渡部 涼子,宮越 里絵,石田 裕子,安孫子 光春

    セルブロック作製法の標準化を目指して

    北臨技会誌,30(2): 86-89,2017

  • 塚崎 邦弘,松野 吉宏,木下 朝博,飛内 賢正

    びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する、JCOGリンパ腫グループによる多施設共同研究

    血液内科,74(4):562-572, 2017

  • 渡部 涼子,丸川 活司,望月 抄苗,清水 知浩,宮越 里絵,安孫子 光春,岡田宏美,加納 里志,畑中 佳奈子,三橋 智子,松野吉宏

    耳下腺原発と考えられる扁平上皮癌の一例

    北海道臨床細胞学会会報,26: 29-33, 2017

  • 丸川 活司

    病理・細胞診検査 総論 「細胞診検査の精度管理」

    Medical technology 臨時増刊号:知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
    医歯薬出版株式会社,Vol.45 No.13,pp.1371-1373,2017

  • 齋藤 辰朗,畑中 豊

    遺伝子検査―核酸増幅装置(PCR)(病理組織検体)

    Medical technology 臨時増刊号:知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
    医歯薬出版株式会社,Vol.45 No.13,pp.1452-55,2017

  • 佐藤 恵美,西田 睦,清水 亜衣

    まずは見てみよう!造影超音波検査(良悪性鑑別編) 良性の典型画像

    乳腺甲状腺超音波医学,6(3): 13-17, 2017

  • 畑中 豊

    今後のゲノム診療に求められる病理検体の核酸品質について

    Histo-Logic Japan.2017;45(1):2-6

  • 畑中 豊,松野 吉宏

    固形腫瘍におけるコンパニオン診断の現状と今後の展開

    微研ジャーナル友.2017;Oct:3-11

  • 畑中 豊,秋田 弘俊

    リキッドバイオプシーによるコンパニオン診断・ゲノム診断の現状と課題

    リキッドバイオプシー:体液中腫瘍マーカーの検出解析技術,落谷 孝広(監修),pp61-70,2017,CMC出版

  • 畑中 豊,秋山 英雄,齋藤 辰朗,丸川 活司,奥村 麻美,松野 吉宏

    パラフィン包埋標本でできる分子病理解析Up To Date:
    パラフィン包埋標本を用いたトランスクリプトーム解析

    病理と臨床.2017;35(7):613-621

  • 結城 敏志,畑中 豊,小松 嘉人

    がん領域におけるPrecision Medicineはどこまで進んだか?
    ―臨床腫瘍医に求められる新たなスキル―:
    近隣病院との連携強化によるがん患者の開発治験のアクセス向上のための方策 Hub-and-Spokeの実際

    腫瘍内科.2017;20(4): 293-298

  • 畑中 豊

    免疫組織化学:マーカー・パネル

    病理検査技術教本 (JAMT技術教本シリーズ),日本臨床衛生検査技師会 (監修),pp264-70,2017,丸善出版

  • 畑中 豊

    コンパニオン診断・ゲノム診断を正しく行うために 検体の扱い方を中心に

    肺癌,2017;57(Suppl):702-706

  • 水門 由佳,加瀬 諭,石嶋 漢,高桑 恵美,石田 晋

    瞼板内角質嚢胞との鑑別を要した 眼瞼結膜嚢胞性病変の1例

    日本眼腫瘍学会誌,6: 1-4,2017

  • 吹谷 美佳,丸川 活司,清水 知浩,宮越 里絵,安孫子 光春,畑中 佳奈子,三橋 智子,松野 吉宏

    胸水中にIgG4陽性形質細胞浸潤を証明できた、IgG4関連疾患と考えられる一例

    日本臨床細胞学会雑誌,57(1):50-55,2018

  • 畑中 豊

    遺伝子変異検査

    新臨床腫瘍学 ―がん薬物療法専門医のために― 第5版,日本臨床腫瘍学会(編),
    印刷中,2018,南江堂

  • 畑中 豊,齋藤 辰朗,畑中 佳奈子,天野 虎次

    次世代シークエンサーを用いたマルチプレックス・コンパニオン診断および遺伝子パネル検査における品質管理

    別冊 臨床腫瘍プラクティスⅢ:がん治療におけるコンパニオン診断,坂田 優,佐藤 太郎,落合 淳志(編),
    印刷中,2018,ヴァンメディカル